住宅エコポイントとエコハウス

エコハウスを新築する場合、住宅エコポイントを獲得することが可能です。

ただし、条件が設定されていますので、この条件を満たす必要があります。

エコハウスを新築し、住宅エコポイントを獲得するには、トップランナー基準をクリアしている住宅であるか、省エネ判断基準をクリアしている木造住宅であることが要求されます。

内容を確認せずに住宅を新築し、みすみす住宅エコポイントを逃すのは非常に勿体ありませんので、仕組みをよく理解しておきましょう。

トップランナー基準をクリアしている住宅というのは、省エネ判断基準をクリアしている外壁や窓などを導入した住宅で、平成20年度の段階における一般的な住宅と比較して、10%程度の省エネを実現する住宅のことを言います。

なおかつ、高効率給湯器、熱交換型換気設備、高効率空気調和設備、太陽光発電装置を導入している住宅ということも盛り込まれています。

また、省エネ判断基準を上回る、優れた断熱性能を誇る外壁や窓などを導入した住宅である場合は、このことのみでトップランナー基準を満たした住宅と見なされることになります。

一方、省エネ判断基準をクリアしている木造住宅というのは、省エネ判断基準をクリアしている外壁や窓などを導入している木材住宅であることを言います。

太陽熱利用システムを導入した場合には、それだけポイントがプラスされることになります。

エコハウスを新築する際には、住宅エコポイント獲得の基準に沿うようにプランを立てる必要がありますので、慎重に取り組みましょう。

前の記事